* menu
閉じる

グルメグルメ

2016.10.06

作りたてのフレッシュな味わい
コザ麦酒工房のクラフトビール

writer : Naoko Uchima

コザ麦酒工房
沖縄市にあるコザ麦酒工房は、沖縄の気候に合った、こだわりの地ビールを楽しめるブルーイングパブです。ここでしか飲めないフレッシュな味わいが人気で、オープン以来、話題を集めています。
コザ麦酒工房のチラシ
看板
コザ麦酒工房は、酒屋さんが始めたこともあって、味への信頼と定評があり、研究に研究を重ねた個性ある地ビールを数種類もそろえています。
ピリ辛ケサディア

地ビールと中落ちカルビのピリ辛ケサディア

地ビールは高いというイメージを覆す驚きの安さで、ビールに合うおつまみや食事なども楽しめます。一人でも気軽に入れて、グループで和気あいあい。コザオリジナルのクラフトビールはいかがでしょうか。

ユニークなネーミングが国内外のファンをひき付ける

コザ麦酒工房の地ビール
コザ麦酒工房の地ビールは、ネーミングがとてもユニーク。店主大浜安彦さんの名前にちなんだ「ビッグビーチ・クリームエール」をはじめ、「三線ペールエール」、「シーサーブラウンエール」、「エイサーIPA」、「アコークロー夕方エール」、「台風IPA」など、地元コザや沖縄にちなんだ名前が、国内外のお客様をひき付け話題となっています。
おすすめの地ビール3種類

左から、おすすめの「三線ペールエール」、「アコークロー夕方エール」、「台風IPA」

ビアサーバー
迷ったら、香りを楽しみながらペールエールで始めて、この順番で飲むと徐々にビールの苦みや濃さが増していきます。IPA(アイピーエー)とは、Indian Pale Ale の略で、イギリスからインドへの大航海時代の逸話にちなみ、こう呼ぶようになったそうです。

どれも沖縄の暑い気候に合わせた爽快感のある味わいで、驚くほどのフレッシュさをお試しください。
内観

地元に愛される親しみやすいお店

コザ麦酒工房は、地元に愛される親しみやすいお店で、年配の方から、女性のお客様、ラグビーや自転車などのスポーツ好きな方達など、幅広い客層に支持されているそうです。
大浜さん
また、一階にある「とおやま酒店」の地下ワインセラーのセレクションは目を見張るものがあります。ワインが好きなお客様は地下で購入して持ち込むことも可能だそうです。グループで好みが分かれて、ビールの苦手な方がいても安心。みんながそれぞれに楽しめそうですね。
「とおやま酒店」の地下ワインセラーのセレクション
大きな席

10人ぐらいのグループが座れる大きな席も

もっと多くの皆様にコザのおいしい地ビールを!

オープンしてから、予想以上の反響に大浜さんも驚いているそうですが、もっと多くの皆様においしいビールをお届けしたいとの思いから、県内外のビアフェスやイベントなどに出店することもあるそうです。
県内外のビアフェスやイベントなどのポスター
そこで初めてコザ麦酒工房のクラフトビールを味わったお客様が、「また飲みたい!」と、来店してくれることを目標に励んでいるのだそう。
英語の記事
沖縄市の特色でもある音楽、エイサー、スポーツ、琉米文化を体験するのにも最適なコザ麦酒工房で、驚くほどフレッシュなクラフトビールをお楽しみください。
壁飾り
コザ麦酒工房内観

スマートポイント

  • お車でお越しの方は、運転代行に説明がしやすい最寄りの一番街パーキング(22時まで)をおすすめします。
  • 胡屋バス停から近く、歩いて数分なので、最終バスの時間をチェックして、早めにスタートすれば那覇からでも十分に足を伸ばせます。また、沖縄市で宿泊してゆっくり街を散策するのもおすすめです。
  • 空手黒帯スタウトなど、7種類のビールはローテーションで醸造しているので、詳しくはお問い合わせください。

ライターのおすすめ

17時オープンなので、夏場などは早めの来店をおすすめします。穴場中の穴場なので、沖縄観光リピーターにおすすめ。おつまみもおいしく、英国人にも飲ませたいコザのクラフトマンシップ溢れるビールです!

Naoko Uchima

地域に根ざした情報をグローバルな視点で捉え、楽しく、ディープな沖縄のヒト、モノ、コトをご紹介。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

3+