* menu
閉じる

グルメグルメ

2017.07.06

黒いバンズとあぐー豚のパテ!
宜野座バーガー、黒田漢那兵衛

writer : miya-nee(みやねえ)

沖縄本島北部の東海岸線沿いにある宜野座村のリゾートホテル「リブマックス アムス・カンナリゾートヴィラ」。那覇ICからリブマックス アムス・カンナリゾートヴィラがある宜野座ICまでは、約30分。宜野座ICを降りると、車で約10分の距離にある。

このホテルに、一風変わったハンバーガーあると聞きつけ、食べに行ってみた。

そのハンバーガーの名は、「黒田漢那兵衛」。読み方は「クロダカンナベエ」である。

これは、リブマックスアムス・カンナリゾートヴィラが考案したイカスミを使った黒いバンズのハンバーガーだった。

宜野座村のリブマックス アムス・カンナリゾートヴィラに到着!

ファンクションホール
ホテルに到着すると、フロント棟のファンクションホールがあり、この建物にはレストランとカフェ&バー、居酒屋やカラオケルームなどの主要施設が入っている。
長い廊下
ファンクションホールの長い廊下の先に、今回お目当ての宜野座バーガー、黒田漢那兵衛を提供している場所あるのだ。

黒田漢那兵衛は、ここで食べられる!

黒バーガー看板
宜野座バーガー、黒田漢那兵衛の看板を発見。単品だと840円、ドリンクセットで1,100円と書かれており、1日限定10個までの販売らしい。
店内の様子
このカフェ&バーで宜野座バーガー、黒田漢那兵衛を提供しており、ハンバーガーを食べる場所としてはちょっと気が引けそうな高級感が漂う。
外の風景1
カフェ&バー向かいのレストランでも黒田漢那兵衛を食べることができ、提供している時間は、17時30分からのディナータイムだけ。
外の風景2
亜熱帯植物を窓越しに見ながら食事ができるので、ディナータイム開始食後の明るい時間帯に利用したいところだ。

これが、黒田漢那兵衛だ!!

2013年から宜野座村でスタートした「沖縄バーガーフェスタ in ぎのざ」をキッカケに誕生したのが、宜野座バーガーの黒田漢那兵衛である。

「沖縄バーガーフェスタ」とは、来場者が投票して沖縄県内のご当地ハンバーガーのランキングを決める決定戦を兼ねている。第3回目の2015年は、出店した8店舗中、この「黒田漢那兵衛」が第3位を獲得した。
黒バーガー1
黒田漢那兵衛のイカスミを使ったバンズは、ホテルの自家製であり、あぐー豚のパテと宜野座村産の新鮮なベビーリーフを使用。黒いバンズだが、思っていたよりも鮮やかな彩りで食欲をそそる。
黒バーガー2
塩加減が効いたイカスミのバンズと県産あぐー豚100%のパテ。野菜はできるだけ県産のものを使い、マヨネーズ以外のソースはすべてホテルの自家製である。
黒バーガー中身
赤い自家製のBBQソース。そのど真ん中には、黒い自家製もずくソース。そこにマヨネーズを加えることでマイルドな味になり、香ばしいオニオンチップの効果も捨てがたい。

一般的なハンバーガーは、こってりした大味のものが多いが、この宜野座バーガー、黒田漢那兵衛は、フレッシュ野菜ともずくソースのさっぱり感が効いているからか、最後まで飽きずに食べられる。

バンズ、パテ、生野菜、ソースの全体的なバランスがよく、一つひとつの素材の味を活かしたヘルシーかつマイルドな優しい味のハンバーガーだった。
黒バーガー3

このホテルは、全コテージタイプのリゾートホテル

沖縄本島のリゾートホテルは、西海岸沿いに集中しており、太平洋を臨む東海岸沿いにあるのは、なかなか珍しい。
カニのオブジェ1
リブマックス アムス・カンナリゾートヴィラは全室コテージタイプ。そのコテージ棟を取り囲む広い敷地は、亜熱帯植物が茂る緑の楽園のよう。徒歩5分圏内に天然ビーチもあるが、残念ながら遊泳は禁止されている。

宿泊せずとも、敷地内の散策が可能なので訪れた際には、ぜひ歩いてみてほしい。

すると、生き物のオブジェを要所要所で見かけることになる。
カニのオブジェ2
カニが万歳して「ワッショイ!」と言ってるような姿を見ていると、和む。

というよりも一瞬、本物!?と思って驚くかもしれない。なぜならワニなどのリアルなオブジェもあるからだ。

敷地内の楽しい散策が待ち構えているので、食事以外にも少し時間に余裕をもって訪れてほしいし、せっかくここまで来たならば、のどかな宜野座村の風景も楽しんでもらいたい。

ちなみに、宜野座村にはスーパーマッケットが存在しない。しかし、1件だけローソンという名のコンビニがある。

スマートポイント

  • 宜野座村まで来たならば、ぜひおすすめしたいのが売店「仲間商店」だ。沖縄のローカル感が全開に漂う商品が並び、地元野菜や果物、沖縄のお惣菜にも新しい発見があるかもしれない。
  • ホテル宿泊者は、黒田漢那兵衛をルームサービスでも利用できる。
  • 他にも宜野座村には、てんぷすキッチンが作る宜野座バーガーもある。

ライターのおすすめ

毎年11〜12月ごろ、年に1度、宜野座村で開催される「沖縄バーガーフェスタ」が発端となり、リブマックス アムス・カンナリゾートヴィラが考案した黒田漢那兵衛。そろそろ次なるバーガーを開発しようかとの話も出ているらしいので、期待したいところだ。

miya-nee(みやねえ)

JTBの元ツアーコンダクター。現在はライターをはじめとして、Web講師、カメラマンなどと多岐にわたる仕事に取組む。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

2+