* menu
閉じる

観光観光

2015.09.11

沖縄でハワイの虜になる
ムーンビーチルアウ

writer : 中本岩郎

南国の中でも沖縄とハワイの共通点はきれいな海と温暖な気候、独特の文化だと思う。そんな沖縄がハワイになる日があります!リピーター続出のイベント、ムーンビーチルアウでガッツリとハワイを味わってきました!

体験イベントがおもしろい!!

毎年7月に恩納村で開催されているハワイアンイベント「ムーンビーチルアウ」。今年で5回目を数え、回を重ねるごとに多くの人達を魅了している。さっそく午前中から趣向を凝らしたイベントが目白押し。まず中庭のレイ作り体験だが、大人気のため抽選になることもあるんだとか。講師のアドバイスを受けながら花びらを優しい手つきで糸につないでいく
中庭のレイ作り体験
中庭のレイ作り体験2
レイ作りの次はフラ体験。フラ体験は初心者から経験者まで参加できる上当日の飛び入り参加なのでこれを機会に本場のフラを味わうのも良いかもしれない。ウクレレとギターの生演奏に合わせて、5種類のステップを交えて繰り返しレッスンをしていく。本場の手ほどきを受けられる、またとない機会に参加者は満面の笑みを浮かべていた。
ウクレレとギターの生演奏に合わせてフラ体験
どちらの体験も講師は本場ハワイのフラダンサーであり素晴らしいミュージシャンであるチンキーマホエさんとクネヴァムックさん、そして主催者のトニートラヴェラさん。こちらの面々はすごい方なので、気になる方はウェブなどで検索してみて下さい。トニーさんはイベントの主催者であり、日本のハワイアンを語るには欠かせないキーパーソン。英語と日本語を交えながらハワイアンカルチャーを体験できる。すべて無料というのもうれしい限り。フラが終わると次はウクレレ教室とスイカ割り時間になり、子どもから大人まで楽しめる憩い。割ったスイカはその場で食べられる、夏の涼しさを感じられる瞬間だ。
チンキーマホエさんとクネヴァムックさん、、主催者のトニートラヴェラさん
すいか割

全身でハワイを味わう

ホテルの中を歩いているとウクレレやギターの優しい音色が聞こえてくる。テラスでのフラダンスのステージが始まっていた。ゆったりした曲や軽快なテンポの曲に合わせて、出演者達がフラダンスで華を添える。歌声も演奏も素晴らしく、音楽と踊りが互いに引き立たせ合う。
テラスでのフラダンスのステージ
テラスでのフラダンスのステージ2
青空と芝生に踊りが生え、午後のひと時を贅沢なものにしてくれる。まだイベントは始まったばかりだが、心はすっかりハワイアン。さらに、ホテルの中にはハワイのグッズを販売するお店があり、ホテルのラウンジや売店でも色とりどりのムームーやアロハシャツ、アクセサリーが並んでいる。買い物も楽しみのひとつ。
ホテルの売店には色とりどりのムームーやアロハシャツ
この日はテラスやバルコニーがステージなる他、食事のメニューもハワイテイストになっている。ラウンジ・バー”ラナイ”では軽食やトロピカルドリンク、ダイニング”コラーロ”ではハワイアン料理、プールサイドや露店ではステーキやハワイアンセット、和琉炉端焼「ゆらぎ月」は期間中のみランチタイムも営業し、和風ロコモコなどの料理を提供してくれる。その他にも露店ではホットドッグやパンなどの軽食が充実、忙しい出演者が気軽に食事できるよう配慮されている。
プールサイドや露店ではステーキやハワイアンセット
プールサイドや露店ではステーキやハワイアンセット2

フィナーレまで感動が止まない

日が傾き始めると、ビーチの特設ステージでフラダンスの時間。サンセットをバックに煌びやかな衣装をまとったフラダンサー達が舞台を盛り立てていく。贅沢すぎる生演奏のBGMに波の音、沈み行く夕陽に照らされるフラダンス。足りないものはない、抜群のシチュエーションに、時間の流れも忘れてしまう。
食事のメニューもハワイテイストに
沈み行く夕陽に照らされるフラダンス
夕陽が海に落ちると、辺りは闇に包まれ、法螺貝の音とともに男が会場内にたいまつを灯す。たいまつには村を守る意味があり、会場内の観客と演者たちを見守るように煌々と火が燃え続ける。会場の雰囲気はロマンチックからエキゾチックへと変わり、会場の盛り上がりも最高潮に。
法螺貝の音とともに男が会場内にたいまつを灯す
会場の雰囲気はロマンチックからエキゾチックへ
会場の雰囲気はロマンチックからエキゾチックへ2
ビーチの端から上がる花火
最後に花火が上がり、今年もルアウが終演を迎える。ビーチの端から上がる花火は間近で見られるので、迫力もひとしお。ルアウとはハワイ語で”宴”という意味、まさに”ハワイの宴”を味わえる最高の2日間。予想はしていたが、感動は想像を越えて実感となっていた。
ビーチの端から上がる花火2

スマートポイント

  • 前兼久漁港から臨時のシャトルバスが運行しているので、駐車場も安心。漁港からホテルまで徒歩7,8分程度なので、歩いても行ける!
  • 施設内のフラがある各ステージでは前もって席取りしている人もいるので、早めにベスポジを探すこと!
  • 体験コーナーは入り口近くの総合受付で案内してくれるので、開始時間などは確認しておこう。

ライターのおすすめ

個人的には1日中いても楽しめるが、特にサンセットとフラのロケーションは最高なので、夕方から行っても十分楽しめる。

中本岩郎

地域の青年会に所属し、エイサーを通し真心溢れる沖縄の人々の虜に。地域に根付く文化の深部を発信する。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0