* menu
閉じる

観光観光

2015.10.24

沖縄南部の代表的ビーチ
あざまサンサンビーチを楽しむ

writer : 伊藤麻由子

南風原南インターチェンジを降りたら車で20分!!広い駐車場完備のあざまサンサンビーチは、南部を代表するビーチのひとつです。シャワー・ロッカー・売店はもちろんのこと、車イス用のトイレも設置されているなど、バリアフリーにも配慮が行き届いているパーフェクトビーチです。
南部を代表するビーチ「あざまサンサンビーチ」

アクティブに遊べるビーチ!

ビーチは海水浴用とマリンスポーツ用の2つの湾にデザインされた人工ビーチ。ゾーン分けがきちんとできているため、海水浴をする人とマリンスポーツをする人が混在することなく、安心して遊ぶことができます。
ビーチは海水浴用とマリンスポーツ用の2つの湾にデザインされた人工ビーチ。
砂はサラサラで、裸足での歩き心地も気持ちいいタイプ。また、透明度も抜群!で、沖縄のきれいな海を楽しむことができます。小さな魚の群れを見つけて追いかけるのも、また楽しいものです。
透明度も抜群
ちょっとマリンスポーツにも挑戦してみませんか?申し込みをして、マリンスポーツ専用のビーチからエントリーするだけでOK!定番のバナナボートが1,000円、ビッグマーブルが1,500円、3名乗りのハーフパイプが1,500円。そして、スピード感がさらに増すマリンジェットは1,500円。講習付きで30分の体験ができるウェイクボードは3,500円から。青い沖縄の海でのマリンスポーツは気持ちいいことこの上なし!です。

もっと南部の海を楽しみたい!

もっと本格的にマリンスポーツを楽しみたくなったら…。そんなときは、近くの「知念海洋レジャーランド」に行ってみましょう!レジャーランドの名のとおり、いろいろ楽しそうなメニューがそろっています。
青い沖縄の海でのマリンスポーツ
おすすめは近くにあるコマカ島でのアクティビティ。片道3分程度の高速船で行くのですが、白いビーチが美しい無人島。この周辺でシュノーケルをしたり、ダイビングをしたり、また、なんと4日間通えばライセンスを取ることもできます。
白いビーチが美しい無人島、コマカ島
それから、ユニークなのが「海ぶどう狩り」!9月末から6月末くらいまでの期間限定ではありますが、海ぶどうの発育の様子が勉強できる上に収穫して、採れたてを試食することもできます。

ビーチから見えるあの島へ行こう!

あざまサンサンビーチで遊んでいると遠くに見える小さな島。それは久高島です。気になったら行ってみませんか?午前中ビーチで遊んで午後から…という強行も可能。
沖縄の始まりの島「久高島」
この久高島へは、あざまサンサンビーチの隣にある安座真港から高速船かフェリーに乗って約15~20分。それぞれ一日3往復しています。ここは沖縄の始まりの島ともされる神の島で、沖縄に来たのなら一度は訪れたい島の一つでもあります。
安座真港からでる高速船
島内はレンタサイクルかガイド付きの車で回る他は徒歩のみ。風光明媚なスポットがたくさんあります。その一方で神とのゆかりの深い島ゆえに、決して入ってはいけない拝所(御獄)もたくさんあるのでご注意ください。
拝所(御獄)

スマートポイント

  • 沖縄の海はやっぱり、バーベキューが一番!でも、自分達で準備するのは大変!!そんな時はあざまサンサンビーチに電話1本でOK。当日でも余裕があれば受け付けてくれます(木曜日定休)
  • トイレにはペーパーが設置されておらず、100円で買う販売機が置かれています。トイレに行く時には、ペーパーか小銭を忘れずに!
  • せっかくあざまサンサンビーチまで来たのなら、知念岬にぜひ寄ってみてください!最高の絶景ポイントです。

ライターのおすすめ

海水浴がオープンする10時前までのビーチもおすすめ。オープン前なので波打ち際を歩く程度ですが、賑わう前のビーチでのんびりするのもいいものです。朝食を取り終えて8時ごろくれば、2時間はまったりできます。

伊藤麻由子

撮影でアフリカを回り、沖縄の離島45をも行き着くす。写真と文章で島の良さを最大限に惹きだす。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0