* menu
閉じる

古宇利島

恋島で過ごすロマンチックな時間
お洒落なカフェ充実の神秘的な島

writer:編集部(2015.12.09)

写真1
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5

沖縄県北部、エメラルドグリーンの海に囲まれた離島「古宇利島(こうりじま)」。那覇から車で北上すること約1時間半、2005年に開通した古宇利島大橋のおかげで車で行ける離島になりました。地元の人も絶賛するほどの透明度の海が広がっています。古宇利島の語源は「恋島」といわれ、ロマンチックな景色やビーチが各所に。その中でもティーヌ浜にあるハート型の岩「ハートロック」は、恋愛祈願の聖地になっています。絶景を眺められる海カフェも島のいたる所にあるので、島内をあますところなく巡ってください。

Point1

沖縄の原風景と魅力的なビーチの数々!

約2kmの古宇利島大橋を渡り終えると、すぐにビーチが広がっている古宇利島。島内には人気ビーチから隠れ家ビーチまでたくさんのビーチが点在していて、中にはウミガメが産卵するビーチもあります。島内には昔ながらの古民家やのどかなさとうきび畑が広がっていて、昔懐かしい沖縄の原風景を堪能できます。レンタサイクルもあるので、島内をゆったり巡ってみてはいかがですか?

Point2

恋島の言い伝えとハート型の岩!

古宇利島には古くから「恋の島」や「神の島」という伝承があります。沖縄版「アダムとイブ」のような言い伝えがあり、「こうりじま」の語源は「恋島(くいじま)」だといわれています。また、「ティーヌ浜」から見えるハートの形をした岩「ハートロック」は恋愛祈願の聖地とされていて、夏場は撮影するのに待ち時間が出ることも。景色だけでもロマンチックなのに、こんな恋愛のパワースポット? があるなんてぜひあやかりたいですね!

Point3

景色自慢の海カフェでゆったり!

古宇利島は景色自慢の海カフェが多く、1日を通して変わる海の色や雰囲気を楽しめます。夕方からは西海岸ならではのサンセットを堪能しながらの食事がオススメ。海カフェごとに眺望が変わるので、カフェ巡りをしてお気に入りのサンセットスポットを見つけてください。島内は宿も充実しています。帰りの時間を気にせず、のんびり移ろいゆく空と海を楽しんでみてはいかが? 夜になれば満点の星空を望むこともできますよ。

スポット詳細

アクセス

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0