* menu
閉じる

観光観光

2016.03.20

アメリカ気分で沖縄を楽しもう
沖縄観光で異文化に触れる!

writer : 編集部

沖縄市
米軍基地が各地にある沖縄では、今もアメリカ文化が色濃く残っています。観光やグルメを通して、アメリカ気分を楽しんでみてはいかがでしょう。

美浜アメリカンヴィレッジ

それぞれのスタイルで遊べる観光スポット

沖縄ではここだけにしかない、観覧車がシンボリックになっている美浜アメリカンヴィレッジは、子ども連れのファミリー、女の子同士、カップル、気の合う仲間同士と、みんなが楽しめる観光スポット。
朝はビーチを散歩したり景色を眺めたり、昼はレストランやショッピングでエンジョイ、夕方にはサンセットビーチでとびきりの夕日を眺めることができます。

スポット名 美浜アメリカンヴィレッジ
住所 沖縄県北谷町美浜
営業時間 各店舗によって異なる
定休日 各店舗によって異なる
地図を見る
このスポットの詳細を見る A&W牧港店

日本初上陸!沖縄県内限定のファストフード店

1963年に沖縄に初上陸したA&Wは、沖縄県内限定のファストフード店であり、日本初のファストフード店です。
ビーフパティを2枚挟んだ「メルティ・ダブル」は、濃厚なアメリカンハンバーガーを再現しているひと品。アメリカ産のじゃがいもを使用した「カーリーフライ」は、定番の人気メニューのひとつです。
車で観光をしている人には、ドライブインの利用もおすすめ。スタッフが注文した商品を手に店内から出てくるという、A&Wならではのドライブイン体験が楽しめます。

スポット名 A&W牧港店
住所 沖縄県浦添市牧港4-9-1
営業時間 24時間
定休日 なし
地図を見る
このスポットの詳細を見る 米軍基地フリマ

アメリカ軍基地で掘り出し物を見つけよう!

米軍基地フリマ
沖縄の各地に米軍基地が点在します。関係者以外が敷地内に入れる機会は非常に少ないのですが、うるま市にある米軍基地キャンプコートニーは、毎月第2、4、5週の土日にフリーマーケットが開催され中に入ることができます。午前7時開始のフリーマーケットでは、衣服、靴、家具の他、米軍基地ならではの迷彩服などが販売。売店では、コーヒー付きのチーズバーガーも購入できるので、朝食としても最適です。
キャンプコートニー以外にも週末フリーマーケットが開催されるアメリカ軍基地があります。週末に沖縄旅行に来られる際は、少し早起きをして、観光前に訪れてみてはいかがでしょう。
基地内に入る際には、身分証明書が必要となるのでお忘れなく!

スポット名 米軍基地フリマ
営業時間 第1週と第3週の土日
12時~15時(キャンプフォスター/北谷町美浜周辺) 
第2週と第4週の土日
7時~10時(キャンプコートニー/うるま市天願) 
第3週の土日
12時~15時 (キャンプキンザー/浦添市屋富祖) ※現在、国道58号線の拡張工事のため開催されていません。
※不定期に中止になることがありますのでご注意下さい。
地図を見る
このスポットの詳細を見る アラハビーチ

海遊びも体力づくりもOK!青空の下で遊ぼう!

北谷町にあるアラハビーチは、外国人達が多く暮らす居住区に近いこともあり、アメリカ西海岸的イメージ。バスケットコートやランニングコースも設定され、体力作りをしている人達も多く見かけます。
透明度抜群の人工ビーチでは、マリンスポーツのほかビーチパーティーを楽しむことも。夕暮れどきにはサンセットを眺めて素敵なひと時が過ごせます。
オシャレなカフェが多いのもアラハビーチならでは。青空と青い海の下で飲むビールは最高ですよ。

スポット名 アラハビーチ
住所 沖縄県北谷町北谷2−21
営業時間 9時〜18時(4月中旬~10月下旬)
定休日 なし
地図を見る
このスポットの詳細を見る 沖縄市

沖縄でディープな夜を!ナイトツアーがおすすめ

沖縄市は、沖縄県で那覇市に次ぐ大きな街。嘉手納基地第二ゲート前から延びる空港通り(通称ゲート通り)周辺には横文字の看板が立ち並び、さまざまな肌の色をした人々が行き交う独特の雰囲気を味わうことができます。
「コザ」と親しみを込めて呼ばれるこの街は、ナイトツアーで探索するのがおすすめ。知っていると10倍楽しめる知識を教えてくれるなど、楽しいガイドで安心して夜の街を遊べます。

スポット名 沖縄市
地図を見る
このスポットの詳細を見る サムズアンカーイン国際通り店

鉄板焼き店の楽しみはシェフのパフォーマンス

サムズアンカーインは、国際通りにある鉄板焼きの人気店です。
海賊船をイメージした店内の壁には、この店の人気を物語る名刺がギッシリと張られ、海賊を髣髴とさせる装飾。まるでエンターテイメント施設に来たような気分で食事を楽しめます。
目の前で肉や野菜を焼き上げるシェフのパフォーマンスは、グルメとアトラクションの融合。シーサーのカタチをしたグラスに入ったトロピカルジュースは、箸休めにちょうど良いドリンクです。
夕方6時以降は混み合ってくるので、早めの来店がおすすめです。

スポット名 サムズアンカーイン国際通り店
住所 沖縄県那覇市久茂地3-3-18
営業時間 17時~23時30分(LO.22時30分)
定休日 なし
地図を見る
このスポットの詳細を見る 読谷ヤッケブース

アメリカ人の胃袋をつかむパンケーキ

外人住宅のパンケーキハウス、ヤッケブースは、アメリカ人のファミリーや迷彩服の米軍グループまでもが食べにくるパンケーキ専門店。Gala青い海や座喜味城跡など、観光スポットが盛りだくさんの読谷村の住宅街にあります。
子どもや女性に人気のスイーツ系パンケーキには、フルーツのジャムやホイップクリームがふんだんに使われ、甘さをおさえたパンケーキとの相性も抜群。パンケーキ自体のおいしさを味わうなら、プレーンのクラシックパンケーキがおすすめです。
読谷や恩納村の観光の際にはぜひお立ち寄りください。

スポット名 読谷ヤッケブース
住所 沖縄県読谷村字都屋436 No.44
営業時間 10時~17時(LO.16時30分、月・木・金曜日)
8時~16時(LO.15時30分、土・日曜日)
定休日 火・水曜日
地図を見る
このスポットの詳細を見る

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

2+