* menu
閉じる

観光観光

2016.02.09

絶対行くべき観光地ベスト10
『沖縄』の観光情報が丸分かり

writer : 編集部

古宇利島
人気観光エリア「沖縄」の超定番のおすすめ観光地を紹介します。迷ったときはこれらの観光地を中心に廻れば間違いなし!歴史を感じ神秘の世界を体感し、幻想的な景色に感動!見る・体験・食べるすべてにおいて満足できる魅力満載のおすすめ観光名所が多数!

沖縄美ら海水族館

日本一の水族館!沖縄でもっとも有名な観光名所

沖縄旅行おすすめの観光地といえば、「沖縄美ら海水族館」。
館内には、最大の魚類・ジンベエザメやカラフルな熱帯魚など、見所がいっぱい。タッチプールでイノー(礁地)の生き物に触れ合ったり、メインの大水槽「黒潮の海」で悠々と泳ぐジンベエザメをさまざまな角度で眺めることもできます。1日2回の食事シーンでは垂直に立ち泳ぎをして食事をするジンベエザメの貴重な姿が見られ、忘れられない旅の思い出になるはずです。絶対1度は訪れたい観光名所です。

スポット名 沖縄美ら海水族館
住所 沖縄県本部町石川424(海洋博公園内)
営業時間 8時30分〜18時30分、入館締切17時30分(10月〜2月)
8時30分〜20時、入館締切19時(3月〜9月)
定休日 12月の第1水曜日とその翌日
地図を見る
このスポットの詳細を見る 首里城公園

必見の世界遺産!赤瓦が特徴的な人気観光地!

沖縄で歴史ロマンを堪能できる観光地名所「首里城公園」は世界遺産登録されており、知れば知るほど楽しめる観光地です。園内はアップダウンの大きな石畳の坂道や石段が多く、ひと周りするだけでけっこうな運動量になるので、歩きやすい靴で訪れるのがおすすめです。聖地と呼ばれる首里城の祈りの場所・京の内や、那覇を一望できる展望スポット西(いり)のアザナなど、歴史の香りに満ちた場所に出合えます。

スポット名 首里城公園
住所 沖縄県那覇市首里金城町1-2
営業時間 8時30分~18時(12月~3月)、~19時(4月~6月、10月~11月) 、~20時(7月~9月)
※入館券販売締切は閉館時間の30分前
定休日 7月の第1水曜日とその翌日
地図を見る
このスポットの詳細を見る 国際通り

観光客で賑わうメインストリートは人気の観光地!

沖縄の観光地メインストリートでもある国際通りは通りの入り口で石づくりのシーサーがお出迎えしてくれます。
戦後いち早く劇的な復興を果たしたこの通りは「奇跡の1マイル」とも呼ばれていて、お土産店やスイーツを楽しめるさまざまなお店が並んでいるおすすめの観光地です。見所いっぱいのエンターテインメントを楽しめるHAPINAHA(ハピナハ)は、観光土産にぴったりの食品関連もかなり充実しています。国際通りには多くの名所があります。

スポット名 国際通り
住所 沖縄県那覇市久茂地、牧志、安里
地図を見る
このスポットの詳細を見る 青の洞窟

青の洞窟は沖縄随一のダイビングの名所

ダイビング&シュノーケリングのおすすめ名所として、知名度・人気とも全沖縄エリアNO.1といっても過言ではない恩納村「真栄田岬」にある『青の洞窟』。幻想的な青の世界は、感動を越えて絶句必至…。さらに無数にいる魚影を眺めているだけで、アっという間に時が過ぎるでしょう。洞窟の奥は陸地で上陸も可能。ゴツゴツした岩場からのぞくわずかな光の先には、突然の太陽光に目が眩むようですが、改めて見る東シナ海のグラデーションは格別。神秘的なモーメントに、まだ見ぬ美ら海の奥深さを、改めて実感するはずです。沖縄随一の名所です。

スポット名 青の洞窟
住所 沖縄県恩納村字真栄田469-1
地図を見る
このスポットの詳細を見る 古宇利島

古宇利大橋を渡って魅力満載の観光地「古宇利島」へ!

橋で渡れる魅力満載の離島「古宇利島」は観光客はもちろん、うちなーんちゅにも大人気です。島のシンボル「古宇利オーシャンタワー」3階からの眺めはいろいろな角度からその美しさを楽しむことができる古宇利大橋と海を観光できる文字通りのビューティスポットで、いつまでもぼーっと眺めていたくなります。他にも島中に点在するおすすめ絶景観光地を探しにドライブしてお気に入りの場所を見つけてみませんか。

スポット名 古宇利島
住所 今帰仁村古宇利
このスポットの詳細を見る おきなわワールド

観光地各所からひと足伸ばして南部最大の体験テーマパークへ

南部観光の要といってもいいくらいの名所「おきなわワールド」。数々の沖縄体験はもちろん、見る・楽しむ・驚く・感動・食べる・飲む・買う…ここに来ればなんでもそろいます。中でも最も人気の名所は、国内でも指折りの大きさを誇る鍾乳洞の玉泉洞です。自然が作り出す造形に感動せずにはいられないでしょう。敷地中にある国際ビール大賞をなんと7年も連続で受賞中というクラフトビールや名物でもある「ハブ酒」を飲む楽しみもぜひお忘れなく!沖縄の全てを満喫できるおすすめの観光地です。

スポット名 おきなわワールド
住所 沖縄県南城市玉城字前川1336
営業時間 9時~18時(最終受付17時)
定休日 なし
地図を見る
このスポットの詳細を見る ナゴパイナップルパーク

家族旅行にもおすすめ!パイナップル尽くしの観光地

パイナップルの形をしたカート「パイナップル号」に乗車して亜熱帯植物を、貝殻資料館やワイン工場を見学できる有料施設「ナゴパイナップルパーク」はパイン製品の試飲と試食が盛りだくさんのおすすめ観光地!ワインやジュース、お酢を使ったヘルシードリンクなど、なかなかの種類があります。そして続くパイナップルパイ、ワインケーキ、カステラ、タルト、クッキー、ちんすこう…など10種類どころではない焼き菓子の試食の数々。生パイナップルも含めて、入場料分の元を取る勢いで食べ尽くそう。フルーツ好きには堪らない名所です。

スポット名 ナゴパイナップルパーク
住所 沖縄県名護市為又1195
営業時間 9時~18時、最終受付17:30(パイナップル号)
定休日 なし
地図を見る
このスポットの詳細を見る 体験王国むら咲むら

沖縄最大の種類を誇り、沖縄らしい体験ができるおすすめ名所

沖縄らしい体験ができる観光地で、体験メニューは沖縄屈指の種類を誇り、その数なんと100種類以上。中でもおすすめの人気体験はお土産として持ち帰りできる漆喰シーサーの絵付け。いろいろな種類のシーサーから好きなものを選べます。敷地内は、朱塗りの建物や琉球赤瓦の古民家など、琉球王国時代を再現した異空間を体感できます。散策に疲れたらおいしいぜんざいを食べたり、敷地内にある銭湯で汗を流してみてはいかがですか?

スポット名 体験王国むら咲むら
住所 沖縄県読谷村高志保1020-1
営業時間 9時〜18時
※入園締切 17時30分ただし特別営業を除く
定休日 なし
地図を見る
このスポットの詳細を見る 斎場御嶽

世界遺産・パワースポットとして名高いおすすめ観光地

世界遺産に登録されて以来、多くの観光客が足を運ぶようになり、パワースポットとしても注目されるようになった斎場御嶽。慌ただしい毎日のなか、せっかちになったり、イライラしたりするのは誰にでもあることです。沖縄の自然の豊かさと人の温かさで心を穏やかになったところで、斎場御嶽などの聖地を訪れてみてはいかがでしょう。この名所にて自分を見つめ直し、活力を充電するいい機会になるはずですよ。

スポット名 斎場御嶽
住所 沖縄県南城市知念久手堅270-1
営業時間 9時~18時 (3月~10月) 、 ~17時30分 (11月~2月)
※最終入館は閉館の30分前
定休日 休息日として旧暦の5月と10月の年2回(それぞれ3日間)
地図を見る
このスポットの詳細を見る 美浜アメリカンビレッジ

安全にアメリカンな雰囲気を感じられる観光名所!

それぞれのスタイルで遊べるとっても楽しい沖縄のスポット「美浜アメリカンビレッジ」沖縄はここだけにしかない観覧車がシンボリックになっている人気観光地です。ショップが立ち並ぶエリアは時計台があったりレンガ造りだったり、どこかヨーロッパのようで歩くだけで楽しいです。金曜の夜、週末ともなると自分の世界をここで披露するパフォーマー天国となります。そのクオリティはとても高く、コンテストで上位に入選する人や、海外にまで呼ばれる人など大きな舞台へと巣立っていったアーティストは数知れずいるようです。

スポット名 美浜アメリカンビレッジ
住所 沖縄県北谷町美浜
営業時間 各店舗によって異なる
定休日 各店舗によって異なる
地図を見る
このスポットの詳細を見る

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

19+